年齢と共に足の臭いは強くなる?年代と足のにおいの特徴

足,におい,年齢

加齢と共に体臭や足の臭いがきつくなることを、加齢臭と言って表現することもあります。
これは、加齢によって体臭の臭いが変化することで、一層臭いがきつく際立ってしまうことが原因です。

 

加齢を重ねたことのフェロモンと言っても良いですが、それほど綺麗な表現には残念ながらなりません。
加齢臭は、周囲の人も自分も嫌になってしまうので、対策を心がけたいですね。

 

年齢による加齢臭と足のにおいは関係ある?

 

足のにおい,消す,方法

 

加齢臭が出ると言われている年代は、大体50代後半あたりからですが、これには個人差もあるのです。
加齢臭とは、皮脂が酸化した臭いと体臭が混ざって作り出される、非常に嫌な臭いだと言われています。

 

この加齢臭は衣類にも蓄積されてしまうので、自分が身に着けているものがどんどん悪臭になると言う結果をもたらすのも厄介ですね。
さらに、汗も皮脂も一日と通して出続けているものですから、止めることは出来ません。

 

衣類の臭いが一定量を超えた時に、衣類を通して他人に伝わってしまうのも悩みの一つでしょう。

 

20代では無かった足のにおい なぜ臭くなった?

 

足のにおい,消す,方法

 

足も同じことが言えます。

 

足も皮脂が酸化した臭いと、体臭、さらに雑菌やバクテリアの腐敗臭が混ざってしまうのです。

 

こまめに靴下を変えるなどして対処しなければ、周囲の人が驚くレベルの臭いになってしまうと言います。

 

加齢臭は、そもそも自分では気が付きにくいと言われているのです。
その臭いと一緒に生きているわけですから、容易には気が付きません。

 

夫婦の場合は、どちらかが指摘することで加齢臭が判明しますね。

 

加齢臭は年齢を重ねてきたことで体臭がきつくなる自然な問題です。
加齢臭になる自分が悪いわけではないので、まずは臭いをなるべく作り出さないように注意していきましょう。

 

あれ加齢臭?就寝具をチェックして判別

 

足のにおい,消す,方法

 

足の問題では、朝は特に注意したいですね。
睡眠中には、体からたくさんの分泌物や汗が発生すると言います。
就寝中に酸化物質である、ノネナールが体に出てくるのです。

 

これは足も同じです。皮脂腺から分泌されるので、朝起きた時には臭いが周囲の人に分かるレベルになっていることが多いと言います。

 

加齢臭と言えば、枕カバーがよくその代表にされますよね。
皮脂腺が発達している部分が臭くなりますし、当然夜に分泌されたものが寝具に付くようになるのです。

 

出かける前のシャワーで加齢臭対策

 

足のにおい,消す,方法

 

加齢臭の対策としては、朝の入浴が一番効果的だと言われています。

 

足の臭いがきつい場合には、朝に足の裏を洗うと言うことが良いでしょう。

 

就寝中にかいた汗と、加齢臭によって足の裏はとても強烈な臭いになると言います。

 

朝にきちんと臭いを流してあげることで、加齢臭や足の臭いの対策に十分なり得るのです。
時間が経てばまた、加齢臭となって発生することが考えられます。

 

加齢臭と足のにおいが混ざるとひどい!早めの対策を!

 

足のにおい,消す,方法

 

人に会う前には、もう一度キレイに足を流して清潔にすると言うことが一番の対策でしょう。

 

普通の足の臭さと、これに加齢臭が混ざった臭いはまた違います。
加齢臭と足の臭いがまざると、独特な不快な臭いに包まれますから、玄関なども足の臭いで充満しないように対処しておきましょう。

 

出来れば靴は毎日乾燥させた方が良いのです。

 

天気の良い日には、玄関から外に靴を出して乾燥させておきましょう。
同じ靴を毎日履き続けるのはダメですね。

 

一日履いたら違うものに変えて、靴の中の湿気を追い出しましょう。
玄関の臭いが強烈だと、お友達を呼ぶことも躊躇してしまいますね。

 

いつでも無臭な空間が出来るように、靴の問題は朝から対処することが基本です。

 

加齢臭は、朝と夜のお風呂前が一番出やすい時間帯なので、この時間帯に最も気を付けることで対策も出来ますね。

 

 

加齢臭があるからと、人に会いづらい人もいるでしょう。
しかし、十分に対策をしておけば、気にする必要もなくなります。

 

靴、靴下、足の裏を清潔にする三点セットで何なく乗り越えていきましょう。


足,におい,年齢足のニオイを消したいなら!

1日2回塗るだけのケアクリームがおすすめ!