えっ足裏を洗わないの!?ほとんどの男性が足裏を洗わない理由

足,におい,男

「お風呂に入っても、足の裏を洗わない」
そう答える男性は意外と多くいます。

 

そこで、次の質問で『なぜ洗わないのか?』と聞いたところ、
「めんどくさい」
「体を洗った泡が流れているから大丈夫」
「特に理由はない」
などの回答があり、男性は足の裏を洗うことへの意識が薄いことがわかっています。

 

男性とは違い女性は、ペディキュアなどで足元までオシャレをするので、足の爪の手入れや踵の角質除去などケアしている人がほとんど。自然と足裏に意識がいくような形があります。

 

一方男性は?サンダルを履いても、当然ペディキュアなんてしませんし、かかとはカチカチ。
せいぜい伸びてきた爪を切る程度でしょう。
男性は足のおしゃれに関心がないために、足への意識が薄くなって、洗うこともおろそかになりがちです。

 


 

 

 

足裏を洗わない男性の足はどうなってしまうのか?

 

足,におい,洗い方

 

毎日、仕事で革靴やパンプスを履いていると、足から大量の汗がでるので靴の中は蒸れてしまっています。
そうなると、靴の中で雑菌が繁殖するため、足が臭くなってしまいます。

 

また、雑菌の他に白癬菌が増殖すると、水虫の原因にもなります。
水虫になってしまうと、かゆみや皮がめくれるなどの症状の他に、白癬菌の影響で足のにおいの原因となる雑菌が増えてしまい、きつい臭いを放つため足臭が悪化するでしょう。

 

増えるスピードは異常に早い雑菌が足のにおいの原因!

 

足,におい,洗い方

 

仮に朝、仕事前の足に雑菌が100匹いたとします。

 

靴の中がむれていて、雑菌にとって居心地のいい環境だと、特定の菌は20分に一度増殖を繰り返します。
一時間後には800匹、二時間後には6400匹とどんどん増殖して、それに伴い臭いもきつくなってしまいます。

 

では、8時間後の仕事終わりには?

 

雑菌の数は朝出かける前の1670万倍!にまで膨れ上がります。数が多すぎてピンときませんが、コップ一杯の水が、学校の25Mプール10杯にまで増えたのと同じ増殖量です。

 

すごいですね。

 

実際には、前日にお風呂で足裏を清潔にしていても、仕事前の朝の時点で人の足に雑菌は10000匹以上います。

 

もしも、前日に足裏を洗っていなかったら?朝にはもっとたくさんの雑菌がいることになりますよね。
そのまま仕事に出かけて、夜には1670万倍にとなると・・・衛生的な面でも、ニオイの面でも恐ろしいことになってしまうことが想像できます。

 

足を洗うタイムリミットは24時間

 

足,におい,洗い方

 

24時間。何のタイムリミットかわかりますか?

 

それは、水虫の菌(白癬菌)が皮膚下へ浸食後、感染するまでの速度です。
24時間以内ならば、ちょっと擦っただけですぐに洗い流せ、感染しないことがわかっています。

 

したがって、毎日お風呂できれいに洗うことは理に適っているのです。
自覚症状がない人も含め現在、日本人の約1/5、5人に1人は水虫であるといわれています。

 

そのため、不特定多数が入る温泉施設の吸水マットや、水虫に感染している家族がいると、家のお風呂の出先にある吸水マットにも100%水虫の菌がいます!

 

つまりそこを踏む事で100%足裏に水虫の菌が付着することになってしまうのです。

 

タイムリミットの24時間はその時点から始まります。
水虫菌の感染を防ぐためにも毎日の足裏洗いをかかさないようにしましょう。

 

足裏を丁寧に洗って足のにおいの防止

 

足,におい,洗い方

 

足の裏を洗う前に、まず湯船につかるか洗面器などにお湯を入れ、そこに足を浸し硬くなった角質にしっかり水分を吸わせます。

 

その後、体を洗う時には何かに腰を掛け、足の裏もしっかりと洗いましょう。
指の間も忘れずに洗ってくださいね。

 

足の裏を洗うポイント

 

足,におい,洗い方

 

爪の横の凸凹部には雑菌が溜まりやすいので、専用のブラシや使い古した歯ブラシなどを使って、優しく洗浄します。
(※水虫に感染している家族がいる場合は、共用しないこと)

 

雑菌が好む踵の角質は、専用のやすりなどを使い優しく落とします。
一日でやりきってしまうことのないようにしましょう。一度に必死になり過ぎて傷がついてしまうと、そこから化膿したり水虫になる可能性が高まります。

 

足裏以外にも、くるぶし周辺が特に汚れやすいのできれいにします。

 

少し抵抗がある人もいるかも知れませんが、足裏全体を手で洗い、マッサージを共に行うことで血行が良くなり新陳代謝が促進され、間接的に足の臭い予防につながります。
慣れると気持ちがいいのでぜひお試しください。

 

※注意
市販のボディソープには肌をしっとりさせる保湿成分が入っている場合が多いです。
翌日靴を履くとき、いつも以上にむれてしまうケースがありますので、普段から足裏のにおいが気になる方にはおすすめできません。
足の裏を洗う時には、できれば薬用の石鹸を使用しましょう。

 

今まで足裏に関心がなく、洗っていなかった方は足の防臭や水虫の感染予防になるのでキレイに洗うように心がけてくださいね。


足,におい,男足のニオイを消したいなら!

1日2回塗るだけのケアクリームがおすすめ!