お風呂で洗っても取れない足のにおいの消し方

足のにおい,取れない,お風呂

毎日、お風呂に入って足をゴシゴシと洗っているのに、全く足のにおいが取れていなくて悩んでいる方はいませんか?
母親なら、「ちゃんと洗ったの?」って言ってしまうかもしれませんね。

 

言われた方も、洗い方が悪かったのかな?
なんて思ってしまいますが、実はそうではありません。

 

洗っても落ちにくいそのニオイの正体は、イソ吉草酸と呼ばれる成分で、納豆にも含まれているあの臭いの成分と同じなのです。

 


 

 

洗っても洗っても臭いがとれない。その原因とは?

 

イソ吉草酸は、足についた汗や汚れに集まった雑菌が汚れを分解したときに出る成分の事で、このイソ吉草酸は洗っても中々落ちないとされる成分なのです。

 

またイソ吉草酸を出す雑菌は、爪の中に溜まる垢が非常に大好きです。

 

足には色々なタイプの臭いがありますが、洗っても中々取れない、または納豆やチーズといった臭いに似ていると感じたらイソ吉草酸の仕業かもしれませんね。

 

イソ吉草酸には重曹が効果的

 

お風呂で洗っても取れないならどうすれば良いのかと思いますよね?
その方法は、皆さんが習った酸性やアルカリ性などの属性を使います。
「えっ!?」っと思うかもしれませんが、難しい方法ではありませんので安心してください。。

 

イソ吉草酸のPHは酸性になるので、反対のアルカリ性であるもので分解すれば良いのです。

 

身近に手に入りアルカリ性を示す物は、重曹です。

 

この重曹は悪臭物質のイソ吉草酸の反対の属性なので、お互いが反応しあって中和されます。
半信半疑で不思議でしょうが、全くにおいがなくなります。

 

重曹には吸水性が高いので、足にある臭いのついた汗などを吸い取ってくれる効果も期待できます。
また、重曹は粉なので、そのまま足に振りかけても使えますが、お湯に溶かした方が使いやすくなります。

 

フットバス用のバケツや洗面器にお湯と重曹を入れて大さじ2から3の重曹を入れます。

 

溶けたらそこに足を入れながら、頭を洗ったり、体を洗っている間に臭いが分解されています。

 

角質ケアや爪を切る、靴のケアも忘れずに

 

足に発生するイソ吉草酸は足の爪やかかとの角質に溜まる垢が大好きなので、爪を短く切る、角質を除去するのも予防には重要な事です。
角質を取るのは電動ピーリングや角質専用の石鹸なども売られています。

 

かかとは洗うのを忘れがちですが、水虫にもなりやすい箇所なのです。
あまりゴシゴシこすらずに、優しく洗うのがポイントです。

 

そして靴下は抗菌、消臭に優れた五本指ソックスを履き、靴を頻繁に洗う事も忘れずに行いたいですね。
靴はあまり毎日履かず、ローテーションできるのが理想的なのです。
それができない時は、インソールを替えましょう。

 

インソールを使用するだけでも靴本体も長持ちします。


足のにおい,取れない,お風呂足のニオイを消したいなら!

1日2回塗るだけのケアクリームがおすすめ!