カーペットや絨毯から足のにおいが・・・どうしよう?

臭い,じゅうたん,カーペット

何度言っても聞かずに、臭い靴下や汗まみれのままカーペットや絨毯の上をペタペタ歩かれると・・・

 

やめて!
と言っても聞かない旦那や子供達に何度腹を立てたことやら。

 

しかも、本人はそのにおいに気づいていない。
これが一番たちが悪くて泣けてきそう。

 

カーペットに移ったニオイを取る方法をご紹介します。

 

 

乾燥させることが基本

 

臭い,じゅうたん,カーペット

 

まずはしっかり乾かしましょう。

 

天気のいい日に、外に干して乾燥させることが大切です。

 

ニオイ取りの前に、乾いたカーペットや絨毯を軽く叩き、ほこりを落としましょう。

 

紫外線と乾燥により、カビ菌も除去できます。

 

 

万能洗濯アイテムの重曹を使う

 

カーペットや絨毯に移った足のニオイを消すには、ホームセンターなどで売っている、重曹を用意します。

 

100ccの水に対して3%の重曹を水でしっかり溶き、重曹水を作ります。

 

それを100均一などの空スプレー容器に入れ、乾いたカーペットや絨毯のニオイが気になる箇所へ吹き付けましょう。

 

しっかり乾くと、足のニオイが消えます。

 

足のニオイに重曹が効くわけ
足の嫌なにおいは、イソ吉草酸や酢酸が原因です。
これらは化学的には酸性であるため、アルカリ性の重曹により中和されるからです。

 

吹き付けた後、湿気ったまま取り込んでしまうと、カビが発生する原因になるので気を付けてください。

 

家族の通り道など、部分的に臭い箇所が決まっているのなら、そこへ重曹スプレーを噴霧すれば、嫌な臭いは消えるでしょう。

 

市販の除菌スプレーでは効果が感じられないなら、お試しください。
※確認されていませんが、カーペットの色落ちや劣化の恐れもあります。自己責任で行ってください。

 

 

浴槽でカーペットを丸洗いでニオイ消し

 

ちょっと大変なので、覚悟が必要ですが・・・

 

今は、洗濯可能なカーペットや絨毯もたくさんあります。

 

丸洗いしてまでニオイを取りたいのなら、浴槽を使った方法がいいでしょう。

 

一般的な浴槽は160〜200?、大きめの浴槽なら、220〜300?になります。

 

前日の残り湯(入浴剤を入れていない前提)に3%の重曹を溶かし込み、お風呂を丸ごと重層水にしてしまいます。

 

そのへ、ニオイを取りたいカーペットや絨毯を15分ほど浸すと一度にニオイは消えます。

 

引き上げる際、水分を多く吸い込み、非常に重くなっているため、力の強い男性に協力してらもいましょう。

 

その後は、十分乾かす必要があります。

 

 

もこもこした毛足の長いラグのニオイを取る方法は?

 

家庭で丸洗いしてしまうと、乾かすのに大変な時間がかかってしまいます。

 

 

毛足が長いぶん、足のニオイを巻き込みやすくなるので、臭くなる前に何らかの対処が必要になります。

 

 

 

最後は本人に洗ってもらおう!

 

かなり頑張れば、主婦の手1つで出来るものなので、できないことはありません。

 

しかし自分がやってもどうしようもない場合、最終的には原因を作った男性にお風呂場でカーペットを洗ってもらいましょう。

足のにおいを完全に洗って取るには、皮脂などを落とすために中性洗剤を使って付け置きし、その後しっかり濯いでから浴槽に重曹水を作り15分ほど漬け込むことで、完全に臭いは取れます。

 

水を吸いかなり重くなり扱いが大変な上に、十分に絞ることができないので、浴室から干しに行くまでも滴が垂れてしまい、重労働になってしまいます。

 

どうしても素人でうまくいかないという場合、高くつきますが業者に頼むという手段もあります。クリーニングでも取り扱っているところがありますから、事前に問い合わせてください。