足のにおいを抑える洗い方 入浴時の足裏ケアで防臭力アップ

足を丁寧に洗うことは、ニオイのケアだけなく、足のトラブルを防ぐために非常に効果的です。

 

正しい洗い方と、ケアの方法をご紹介します。

 

 

【基本】足の正しい洗い方

 

基本的には普通に洗うだけです。

 

足指の間、かかとがニオイが発生しやすい場所なので、少し丁寧に洗うといいでしょう。

 

水虫菌は、少しこするだけですぐに取れるため、毎日洗えば心配はありません。

 

なるほど!足のにおいの原因はコレだったのか!わかりやすい解説でも解説した通り、足のにおいは雑菌が関係しています。

 

足についた雑菌を洗い流すことで、効果的な防臭になっていることを意識してくださいね。

 

 

足の防臭に!さらに効果的に洗う方法

 

ボディソープではなく石鹸が効果的

 

足を洗う時には、ボディソープよりも石鹸がおススメです。

 

なぜなら、ボディソープにはしっとりお肌を保つため、保湿成分が含まれています。
足に関しては、その保湿で足汗が出やすくなり、靴の中の湿度を上げてしまうことに繋がります。

 

石鹸は、殺菌効果のある薬用石鹸がおすすめ。
足の臭い対策に効果が高い割に、安価が売られているのでコストパフォーマンスの面でも優れています。

 


 

 

かかとは雑菌のすみか!?角質を落として防臭対策

 

足のにおいの原因となる、悪臭物質は一度ついてしまうと、簡単には落ちません。

 

お風呂上り、乾くと足がにおう・・・
なんて場合は、かかとの凹凸にニオイ物質が残っています。

 

足のニオイを中和するデオドラント石鹸などもあるので、試してみるといいでしょう。

 

さらに良くないケースでは、汚れている靴を履き続けると、かかとの古い角質(固く厚くなった部分)へ雑菌が潜り込み住処にしてしまいます。

 

こういった場合は、かかとがガサガサになり、悪化すると「かかと水虫」となるケースも少なくありません。

 

週1回ほどのペースで角質のケアを行うことが理想的です。
かかとの角質除去には、専用のやすりを使って、無理のない程度に優しく行うようにしましょう。

 


 

必死になって全て取り除く必要はありません。
無理をするとかえって皮膚を傷つけてしまったり、凹凸ができてしまうと悪化する恐れがありますので注意してくださいね。

 

 

入浴後はしっかりケアを

 

水分をしっかりふき取り、殺菌効果のあるデオドラントクリームを足に塗ることで、就寝中の肌のケアを促進します。

 

足のにおいでお悩みの方は、「保湿クリーム」は避けましょう。
そのような情報をたくさん目にしますが、足を必要以上に保湿すると、靴の中の蒸れが増し、においが悪化します。

 

デオドラントクリームでも、お肌の保湿・肌の改善成分が含まれている商品があります。

 

かかとのガサガサが気になり使用する方もいますが、ガサガサの原因が雑菌ならば、デオドラントクリームを試す価値はあります。