靴のインソールコーナーでよく見かけ表記があります。

「抗菌仕様」
「活性炭」
「イオン消臭」

いろいろな種類がありますよね。

 

それらはどれも、足のにおいの消し方や防臭方法を表しているのですが、それぞれの意味を知っていますか?

 

私も調べるまでは、いくつかの商品を手に取り、裏の説明を読んで比べていました。
でも、値段の違いや商品の違いが正しくわかるようになるので、やっぱりきちんと知っていたほうが便利です。

 

ここでまとめて整理してみましょう。

 

なぜ足のにおいが臭くなってしまうのか?まずは原因を知ろう!

 

それそれの効果を知る前に、足のにおいについて知っておかなければなりません。
だって商品の袋に「抗菌」と書かれていても、なぜ足のにおいなのに抗菌?って思いませんか?

 

においの原因を知ることで商品が推しているポイントが理解できるので理解が早くなります。

 

足のにおいが臭くなる原因

 

簡単に説明しますね。

 

まず、みなさんの足には雑菌がついています。
いきなり言われて「えっ!?」っと思う方もいるかもしれませんが、これは誰にでもついていて自然なことなので安心してください。

 

そして、靴を履くと中の温度が温まり雑菌が活発になります。
汗をかいて靴の中の湿度が上がればもっと活発になります。

 

活発になった雑菌は皆さんの足のはがれた皮膚などを食べて増えてしまいます。
「食べる」と言っても、雑菌に消化器官はないので、養分だけ分解しながら吸収するのですが、その残ったカスが嫌なニオイを放つ原因物質になるわけです。

 

さらに詳しくは、足のにおいや靴や靴下のにおいの原因を詳しく徹底解説を参考にしてください。

 

これだけを理解すれば大丈夫です。
売っている商品をみれば、「あぁ、そういうことか。」 と判断できるようになるでしょう。

 

それぞれに一長一短があるので、あなたの足や生活スタイル・用途にあった製品を選んでくださいね。

足のにおいグッズの表記の意味とその効果記事一覧

抗菌の意味は?抗菌とは・・・製品の表面上における細菌の増殖を抑制すること。さらにJIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定しています。※JISマークとは国から指定された第三者機関によって、製品のサンプルによる試験などで、一定水準を満たす製品のみ認可されるマークつまり、製品の表面につい...

インソール売り場でよく見かける「活性炭」私たちは日本人だからかな?やたらとありがたがって効果がある印象を受ける人が多いです。販売側も活性炭と表記すれば、ある程度売れるとわかっているから、やたらと表記しているのでしょう。しょうがない。でもね、この活性炭が一体何なのか?どんな効果があるのか知っていますか?皆さん実は販売メーカーの作戦に乗せられていますよ?活性炭とは?知っている人が少ないその正体活性炭を...