女性ホルモンと足のにおいの知っておくべき関係性や原因と対策

臭いの問題にはいろいろな種類がありますね。
体臭に悩んでいる人も多いでしょう。
男女共にこうした臭いの問題を抱えていることがあるのですが、特に女性はホルモンの分泌の変化が多いので、ホルモンバランスの変化でそれに伴う臭いが出てくることになります。
女性には加齢や出産、生理などがありますから、ホルモンの分泌によって体臭が変化することもあるのでしょう。

 

臭い問題を対策したい場合には、女性特有の臭いの知識を身に着け、正しい対処法を実践したいですね。

 

ホルモンバランスの変化が鍵!?そのきっかけは?

 

更年期を迎える女性の中には、体調の変化もあります。
汗を以前よりかくようになったり、臭いが強くなると言われているのです。

 

更年期の症状にもいろいろあるでしょう。
冷え性や、多汗、のぼせなどもそれに含まれています。

 

更年期には女性ホルモンの分泌が低下するのですが、女性ホルモンは、汗の調節機能も含まれているので、機能が低下することも考えられるのです。
汗腺機能の調節が乱れることで、多汗になりやすくなるのでしょう。

 

足が蒸れたり、今までしなかった臭いに変わることもあると言います。
さらに更年期は、イライラや精神的な不調も起こりやすくなるのです。

 

出産後の変化!?大業の後に残る体調の変化

 

これと同様に、出産後にも多汗になります。
これは、女性ホルモンの分泌が増すことで、自律神経が影響を受けるからなのでしょう。

 

産後の多汗は、産褥性多汗と呼ばれて区別されています。

 

産後しばらくすれば落ち着くことがあるのですが、それまでは多汗に悩まされるようになるので、特に足の裏が汗でべたつくこともあるでしょう。

 

今までそんな感覚ではなかった人は、多汗により不快な思いをしやすくなるのです。

 

一方で更年期の場合の多汗は、女性ホルモンバランスの崩れによって表れやすくなります。
体温調節が悪くなるなど、自分の意思とは関係なしに汗が出てくることもあるので、これは、更年期による自律神経のしわざだと思って気にしないことが一番でしょう。

 

気にすることによって、精神的なダメージが大きくなるので、余計に汗をかきやすくなるのです。更年期の汗は、特に臭いがきつくベタベタしています。
顔や首、胸や足のかきやすくなると言われているのです。

 

ベタつく汗は蒸発しにくいので、足の裏もべたべたして不快な思いをすることになるでしょう。

 

この汗には、実はアンモニア等の物質も含まれているのです。
ですから汗全体が臭くなると言う現象が起こります。

 

女性ホルモンの変化と足のにおいの関係 その対策は?

 

女性はこのように、特に更年期に多汗になることがあります。
緊張して汗を出さないようにしたいと思えば思うほど汗が出てしまうので、一層気を付けたいですね。

 

このような場合、ゆっくりと腹式呼吸を行って自律神経を整えるようにすると効果的だと言われています。
また、足の蒸れが気になる方は、汗をかいたら靴下を変えるなど対策をしていきましょう。

 

出た汗の蒸発をコントロールしながら、発散と吸収の作用をサポートしていくことが大事です。

 

更年期での女性ホルモンのバランスが崩れて、汗の臭いがきつくなった場合に効果的なのは、入浴法の見直しでしょう。

 

特に更年期の時期には、寝る前の時間帯にお風呂に入ることが良いと言われています。
それは、日中の運動で体内に乳酸がたまるのですが、乳酸の増加でアンモニアが増えていくからなのです。

 

入浴によって血液循環も良くなるので、乳酸を減らすことが出来るようになりますね。
夜は特に乳酸が減った状態で就寝出来ますから、体臭も軽減できると考えられているのでしょう。

 

汗をかかないようにする為に、動かないことも良くありません。
日中はよく発汗させることも大事です。
ストレッチや散歩に出掛けて、ほどよい汗を流したいですね。

 

女性特有の臭いは、女性ホルモンのバランスの崩れなどから来ています。
対策を十分に行って、臭いの解消を図りましょう。

足のにおい,ホルモン,出産足のニオイを消したいなら!

1日2回塗るだけのケアクリームがおすすめ!