重曹とミョウバン水を混ぜてはダメよ!足のにおいの間違った対策

重曹とミョウバン水を混ぜてはダメよ!足のにおいの間違った対策

足のにおい,重曹,ミョウバン

「私は、重曹水とミョウバン水を両方作って混ぜて使っているよ!」
あるつぶやきが目に入りました。
twitterでハッシュタグ「足臭い」で見てみると、足のにおいに悩んでいる方のツイートがたくさん出来てきます。

 

・・・え?

 

足のにおいに効くとされる、「重曹」と「ミョウバン」
混ぜるとメッチャ効くイメージがあるのは理解できますが・・・

 

でもね、それって効果ないよ(汗)
全く意味がないのに、気が付かずに続けているなんて、何だかかわいそうになってしまいました。

 

足のにおいの対策でよく見かける重曹とミョウバン。
これらの効果は一体なんなのでしょう?なぜ、混ぜると効果がなくなるのか解説します。

 


 

 

Contents

 

1.足の臭い対策 ミョウバン水と重曹水とは?
2.足の臭いにミョウバン水の効果は?
2-1.ミョウバン水の使い方
2-2.ミョウバン水の効果
3.足のにおい対策 重曹水とは?
3-1.重曹水の使い方
3-2.重曹水の効果は?
4.ミョウバン水と重曹水の違いはなに?
4-1.ミョウバン水と重曹水を混ぜるとどうなる?

 

足の臭い対策 ミョウバン水と重曹水とは?

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

足のにおい消しの方法として、よく紹介されている「ミョウバン水と重曹水」

 

「足のにおい対策にはどっちがいいの?」と疑問に思いませんか?

 

結論から言うとこの二つは、どちらも足のにおい対策に効き目はあります。

 

両方とも効果があるなら、混ぜればもっと効果があがるのかも!なんて思ってしまいます。

 

そこでまず、ミョウバン水と重曹水ってなんだろう?
どんな効果があるのかを解説して、それぞれの比較をしてみます。

 

足の臭いにミョウバン水の効果は?

 

ミョウバン水は、ドラッグストアやamazonで売っている「焼きミョウバン」を水(お湯)で溶かした水溶液です。

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水詳しい作り方は、素足が臭う方にオススメ消臭法!自宅でできる4つの簡単裏技に記載していますので、興味のある方はご覧ください。

 

ミョウバン水の使い方

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

焼きミョウバンを溶かした濃縮水溶液を洗面器などに入れ、水道水で希釈します。
そこに10分〜15分ほど足を浸して使うと、足のにおい対策に効果がでます。

 

ミョウバン水の効果

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

ミョウバン水に足を浸すことで、足裏の表面に付いている雑菌を除菌します。
それにより、嫌なにおいの発生源を減らすことで、悪臭が軽減されます。

 

また、制汗作用がありますので、足汗の軽減が期待できます。

 

足のにおい対策 重曹水とは?

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

重曹水とは、ホームセンターやamazonで手に入る「重曹」を水やお湯で溶かした水溶液です。

足のにおい,重曹,ミョウバン水詳しい作り方は、上記と同じページ素足が臭う方にオススメ消臭法!自宅でできる4つの簡単裏技に記載しています。

 

重曹は、洗濯や歯磨き、掃除や食品(食品用重曹)など、その使い方を理解すれば、生活に非常に便利なアイテムです。
むしろ、足のにおい対策に使うほうがイレギュラーじゃないかな・・・と私は思っています。

 

まぁ、1kgでも500円以下と非常に安価なので、足のにおい対策に関わらず、ひとつあってもいいんじゃないかなーと思っています。

 

重曹水の使い方

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

重曹水はミョウバン水と比べ、水に溶けやすいので、使うたびに洗面器などの容器に直接作ります。
そこに足を10分〜15分ほど足を浸すことで、足のにおい対策になるのです。

 

重曹水の効果は?

 

重曹水が足のにおいに対する効果は、「においの成分を中和する」ことです。
つまり、足裏表面に付いている嫌なにおい成分を中和して、臭わなくさせます。

 

ミョウバン水と重曹水の違いはなに?

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

まず、ふたつの違いよりも、共通するポイントのほうが多いので、そちらを整理しましょう。

ミョウバン水 ・ 重曹水の共通点

  • 水に溶かして水溶液を作る
  • 口の大きな容器に入れ、足を浸す
  • 浸水時間も同じ

このように、どちらも使い方は同じになります。

 

では次に、ふたつの違いは・・・

  • ミョウバンは雑菌に効く重曹はにおい成分に効く
  • ミョウバンは弱酸性重曹は弱アルカリ性

この2点が大きな違いです。

 

でも、ちょっと待って。
使い方が同じ「足を浸す」であれば、両方混ぜた水に足を浸せば、においが無くなって雑菌にも効果あるじゃん!
一石二鳥じゃね?・・・そう思いませんか?

 

しかし、そうはうまくいきません。その理由を説明しますね。

 

ミョウバン水と重曹水を混ぜるとどうなる?

 

一番最後の項目が全てをお笑いに変えてしまうほど重要です。

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水ミョウバンと重曹はPH(ペーハー)が酸性とアルカリ性で逆であるため、2つを混ぜるとお互いが効果を消しあい、中和してしまうのです。

 

簡単に言えば、効果が無くなるってことです。

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

ミョウバン水が除菌できるのは、酸性であるからです。アルカリ性の雑菌を除菌できます。

 

重曹が足の悪臭成分を中和できるのは、重曹がアルカリ性で足の悪臭成分が酸性であるからです。

 

お互いの特徴が足のにおい対策に活きているのに、混ぜてしまっては全く無意味になってしまうのですよ。

 

足のにおい,重曹,ミョウバン水

 

混ぜるな!危険・・・ではありませんが、混ぜるな!無意味!です。
残念ながら、この混合液にどれだけ長時間、足を浸けても消臭効果は得られません。

 

twitterでつぶやいた方は、きっとネットで調べたのでしょうね。
足のにおいには、ミョウバン水と、重曹水が効く。と

 

皆さんは、同じような過ちを犯さないようにしましょう。

 

ただ、どちらを正しく使っても、効果が長続きしないのが実際のところです。
その時の効果は得られますが、時間が経ってしまうと元通り。
出勤していれば、お昼ごはんまでも持たないでしょう。

 

本当に足の臭いを消したいのであれば、私はおすすめできません。
だって、効果の持続性がないもん・・・

 

でも、「どちらを使う!?」と聞かれると、強いて答えるならミョウバン水かなと思っています。
除菌と制汗作用で・・・だけど、今の足が臭いのは消えないよ。

 

今!この瞬間の臭いを消すなら重曹水です。・・・すぐにまた臭くなっちゃうけど(汗)

 

そんな感じで私は理解しています。

 

足のにおいでお悩みの方は、きちんとしたケアをしてくださいね!

 

>>足のにおいケアグッズ 失敗して損をしない選び方