えっ!?掘りごたつ?足のにおいがヤバっ!今できるにおい消しの方法

堀ごたつ,,ブーツ,臭い,足

これから寒くなり冬が近づくと、色々な飲み会などが増えますし、居酒屋や鍋を囲むようなお店で靴を脱ぐ場面も多くなってきます。

 

靴を脱いで飲めるお店はリラックスできるものの、怖いのは脱いだ靴や足からにおいが漂ってしまう事・・・

 

掘りごたつ式のお店なんかでは、さらににおいがこもってしまいがちになります。

 

ヤバっと気が付いたときに、直ぐにできる足のにおい消しの方法をご紹介します。

 


 

 

いきなりの飲み会で掘りごたつとなった場合

 

もし、事前の約束なしに急に食事に行く事が決まってしまい、それが靴を脱ぐような所だった場合にはかなりピンチですね。

 

男性なら革靴を、女子ならパンプスやブーツを脱いでからが危険信号です。

 

席についてしばらく話をしていて、掘りごたつでこもった足のニオイが鼻についてしまうともう最悪。

 

気になってしまって、そわそわしてしまいます。

 

まだ料理がこないうちに、ちょとした対策でその場を乗り切りましょう。

 

 

除菌ウェットシートを忍ばせておくと便利

 

堀ごたつ,ブーツが臭い,足のにおい

 

もしもの為に、カバンの中に手を拭くための除菌ウェットシートがあると便利です。

 

まずはトイレに行って靴下を脱ぎ、足を除菌ウェットシートで足の指などをくまなく拭きます。

 

除菌ウェットシートには殺菌効果があるアルコールが含まれていて、ニオイの基となる雑菌に効き目があります。

 

またサラサラになる成分や、良い香りのするものだと尚良いです。

 

しかしこれは応急処置的なものですので、毎回これを使わないようにしてください。

 

あまりアルコールで拭きすぎると、足の油分まで拭き取られしまい、保湿効果が減って肌が乾燥してカサカサになってしまい、肌荒れの原因になってしまいます。

 

そうなると、足のニオイが余計にきつくなってしまいますので、あくまでもその場限りとしましょう。

 

 

ハンカチしかなかった場合には

 

堀ごたつ,ブーツが臭い,足のにおい

 

もし、カバンなど何にも持っていなくてハンカチしかない場合には、トイレの洗面所でハンカチをボトボトになるまで濡らします。

 

そして、トイレの個室へ行き靴下を脱いで足を指の間などを入念に拭きます。

 

次に、ハンカチを綺麗に洗って今度は固く絞り、まだ濡れている足を綺麗に拭きましょう。

 

湿っている感が気になるようでしたら、トイレットペーパーを少しもらい最後に水分を拭きあげましょう。

 

その後は、靴下を履かないで裸足で戻った方がニオイはしません。
裸足で戻ると不自然なので、場合によっては穴が開いていたと言い訳も必要かもしれません。

 

本当は洗いたいのですが、みんなが使うための洗面所に足や靴下を入れて洗うのはマナー違反ですし、もし誰かに見られたら不審者扱いされてしまう可能性もありますので、最低限の所でとどめておきましょう。

 

 

ダメ元で店員さんにお願いする

 

堀ごたつ,ブーツが臭い,足のにおい

 

もしハンカチさえも何も持っていない場合ですと、さらにピンチなのですが、トイレに行くふりをして店員さんをつかまえておしぼりが借りれないか言ってみるのも手です。

 

顔の油が気になるけど、人前では拭きたくないからと言えばかしてくれるでしょう。

 

袋に入っている使い捨てのおしぼりを少しもらってトイレに入り、靴下を脱いで後は拭いて捨ててくれば問題ないでしょう。

 

しかし居酒屋さんによっては熱いふきんを渡される時もあるので、その場合は恥をしのんで足を拭きたいのですがと断りを入れる事も必要かもしれませんね。

 

多くの所は業者に依頼して洗って使ってを繰り返しているでしょうから、洗えば問題はないと考えられますが、後は食べ物屋さんのスタッフのサービスに対する考え方次第になります。


堀ごたつ,,ブーツ,臭い,足足のニオイを消したいなら!1日2回塗るだけのケアクリーム