【保存版!】靴下が臭い!防臭対策のあらゆる違いを徹底解説!

【保存版!】靴下が臭い!防臭対策のあらゆる違いを徹底解説!

靴下,臭くなる理由,防臭

 

靴下の「もわ〜ん」としたこもったような臭い。
脱いだ後でも悪臭を放ち続けますが、なぜこれほど臭くなってしまうのでしょうか?

 

その理由を解説します。


靴下のこもったような臭いの原因は雑菌のせい

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

靴下が臭くなってしまう、そもそもの理由は、雑菌の増殖のせいです。
詳しい解説は
>>なるほど!足のにおいの原因はコレだったのか!わかりやすく解説

 

さらに靴下が臭くなる理由は・・・

 

靴下が臭くなるのは靴の中が汚れているから

靴下,臭くなる理由,防臭

今履いている靴は洗っていますか?

 

もし、今まで一度も靴を洗っていないのであれば、履き続けていた今日まで、毎日の足汗が吸収されています。
そこが雑菌の温床になってしまっているので、新しい靴下を履いてもまた臭くなってしまうのです。

 

靴の中が清潔であれば、一日くらいでは臭くなりません。

 

このような負のサイクルに突入してしまうと、これからの毎日も同じことの繰り返し。
このサイクルから抜け出すには、靴の中を清潔にするか、強力な消臭靴下を履くしか手はありません。

 

反対に、靴の中が汚れていない(雑菌が増えていない)と、靴下は臭くならないのです。
人の汗は本来無臭なので、靴の中に雑菌がいないと、どれだけ蒸れていても臭くはなりません。

 

靴下の素材も大きな原因

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

靴下の素材にもポイントがあります。

 

よく見かける素材は、

化学繊維(ポリエチレン・ポリプロピレン・ナイロンなど)
綿
絹(シルク)
ウール

などです。

 

靴下のにおいで素材による違いは?

 

足のにおいの素となりやすい、靴下の素材別に比較してみました。
靴下,臭くなる理由,防臭

 

化学繊維

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

3足500円などの安価な靴下は、化学繊維で作られていて、水分をほとんど吸収しません。
よって、足から出た汗を吸収することなく、この靴下を履いていると、蒸れた感覚がよくわかってしまいます。

 

靴下,臭くなる理由,防臭

靴下で汗を吸収できないので、靴の中にも汗がいきわたってしまい、靴の中が臭くなりやすい靴下です。

 

メリットは乾きが早いこと。
化学的に作られた繊維なので、細かな隙間だらけ。
他の素材と比べると、速乾性だけは群を抜いています。

 

デスクの下で内緒で靴を脱いで、足をパタパタ動かすときにはいいかもしれませんね。

 

しかし、臭くなりやすい靴下No.1

 

綿

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

足汗を吸い取る「吸湿性」に優れています。その反面、速乾性に欠けます。

 

割と安価な素材です。
綿100%の靴下はあまり見かけません。綿に化学繊維を合わせ、、両方の特性の良さを併せもつ靴下のほうが需要があります。

 

化学繊維だけで作られた靴下よりも、嫌なにおい少ないでしょう。

 

絹(シルク)

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

綿よりも吸湿性がいいので、汗をよく吸い取り、渇きも早い繊維です。
他の繊維と比べると高価。

 

肌触りがしなやか過ぎるので、仕事用の靴下には不向きです。
職場では擦れてしまって破けてしまうので、プライベート用になるでしょう。

 

ウール

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

汗を吸い取る「吸湿性」と、保温性、放湿性、抗菌作用が備わった素晴らしい素材です。

 

最近は、チクチクした特有の肌触りのない「メリノウール」も出回っており、氷点下に耐え、登山用のブーツの蒸れも軽減する靴下に使われているほどです。

 

素晴らしい素材ですが、毎日お仕事で履く靴下にしては高価な製品になってしまうでしょう。

 


靴下,臭くなる理由,防臭

このように、素材の違いだけでも随分と差があります。

 

ほとんどの人が履いている靴下は、化学繊維で作られており、特別な処理がされてない限り、臭い足へまっしぐらです。

 

いいものを見るというより、自分の履いている靴下がどんな素材で、足のにおいには、どのような作用があるのかを見極める事が防臭には必要です。

 

靴の中が汚れていれば足を洗う意味などないのか?

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

靴下の素材による靴の中の足汗のせいで、雑菌が増えて足が臭くなってしまうならば、足なんて洗う意味はあるの?
そうおっしゃる人も、中にはいます。

 

靴下,臭くなる理由,防臭

足の不快な臭いは、靴の中で増えた雑菌のせい。

 

靴の中ほどではありませんが、あなたの足にも元々雑菌は付いていますので、靴の中の蒸れを感じた時にはもう、あなたの素足は雑菌まみれです。

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

そんな足を洗わないでいれますか?
明日そのまま靴を履けば、ひどいことになってしまいます。
足を洗うなんて、たかが3分。
やるとやらないでは雲泥の差です。きちんと洗いましょう。

 

5本指靴下とカバー型靴下の違いを解説!

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

一般的な靴下と5本指ソックスは、足のにおいに関して差がでるのか?

 

皆さん気になりますよね。

 

5本指の靴下は知っているし、周りでも履いている人もいる。自分も気になるけど・・・・
そんな人は多いでしょう。

 

そこで私の知る限り、足のにおいに置ける差を比較しました。

 

カバー型靴下と5本指靴下の差

 

まず、5本指靴下のメリットを考えてみます。

 

靴下,臭くなる理由,防臭

 

  • 足指の間に汗が溜まりにくい
  • 5本が独立しているので、バランス感覚が良くなり、足汗が軽減する。

 

足のにおいに関してはこの2点がポイントになると考えました。

 

蒸れ感が軽減される

まず、足の指の間に汗が溜まらないので、足が蒸れてしまっても指の間のヌルヌルした感覚がないのは嬉しいところです。
そして、カバー型なら指の間の汗は溜まる一方なのに対して、5本指靴下は、生地が汗を吸い取るので、素足に直接雑菌が増えてしまうことを防げます。

 

これだけで、「お風呂で足を洗ったのに、出てからもくさい」が、かなり軽減されます。
(指の間は・・・です。)

 

足指が独立している

これだけでも、水虫対策にも効果的で(治療にはなりません)、指の間の水虫から守ってくれるでしょう。

 

しかし、これは靴下単体を見ただけのお話です。
素足と靴を清潔にしてる前提の解説になります。

 

一方、多くの人が履いている「カバー型」の靴下は、5本指と比較すると足指の間に汗が溜まりやすく、不快感と足のにおいは増します。

 

保温性

保温に関して5本指ソックスは、「足指の一本ずつに生地があるので高い」と評価されていますが、保温性に関してはカバー型に軍配があがるでしょう。
手袋でも、一般的な指が独立している形状よりも、ミトン型の手袋の方が指同士の体温で暖まりやすいのと同じです。

 

その他の靴下の仕様について

 

防臭の靴下にはたくさんの表記があります。
それぞれの意味はこちらの記事を参考にしてください。

 

「抗菌」について
>>足のにおいの消し方基礎知識 抗菌

 

その他消臭方法について
>>消臭靴下を選ぶ4つのポイントを抑えて足のにおい改善計画

 

【3日履き続けても臭くならない】超強力消臭靴下

 

そんなうたい文句に惹かれ、実際に購入したレビューはこちらです。
仕事が終わり、家でこっそり脱いだ靴下を嗅いで、全くにおいがしない靴下のレビューです。

 

>>足のにおい対策に臭くならない靴下デオルソックスの効果が絶大!

みんなが選ぶ女性の足のにおいケアグッズランキング

靴下,臭くなる理由,防臭

Sponsored Link

関連ページ

消臭靴下を選ぶ4つのポイントを抑えて足のにおい改善計画
クサーい靴下。革靴やブーツなどを一日履いていると、もう靴を脱げなくなってしまいます。だって脱いだら臭いが気になる・・・なぜそうなってしまうのか知っていますか?よくわからないまま、防臭・消臭グッズを買っても効果が発揮できません。抗菌って何?イオンって何?詳しく解説しています。
ストッキングで足が臭くなる理由は?体質チェックで判別
足がくさい女性は体質チェックで判別できる!?女性はお仕事だけでなく、プライベートでも履く機会の多いストッキング。足がきれいに見えるのはいいけど、生地が薄く蒸れやすいのが難点です。そうなと気になる足のにおい。その理由を解説します。