足のにおい消し 基礎知識編 活性炭

足のにおい消し 基礎知識編 活性炭

足のにおい,活性炭

 

インソール売り場でよく見かける「活性炭」

 

私たちは日本人だからかな?やたらとありがたがって効果がある印象を受ける人が多いです。
販売側も活性炭と表記すれば、ある程度売れるとわかっているから、やたらと表記しているのでしょう。
しょうがない。

 

でもね、この活性炭が一体何なのか?どんな効果があるのか知っていますか?

 

皆さん実は販売メーカーの作戦に乗せられていますよ?

 

活性炭とは?知っている人が少ないその正体

 

活性炭を簡単に言うならば、人工的に作られた極小さい孔がたくさん空いた炭です。

 

足のにおい,活性炭

 

炭って呼ばれるくらいなので、植物を燃やして作られていることが多く、他にも石油や石炭から作られている場合もあります。
これだと、みなさんが知っている普通の「炭」ですよね。

 

活性炭は、この普通の炭をさらに加熱(活性化)して作られます。

 

普通の炭には孔がたくさん空いていて、それにより1グラム当たりの表面積は、なんと300〜500uにまで広がります。
でも、活性炭の場合は、さらに孔が多く、同じ1グラム当たりで800〜2,000uまで達します。

 

その空いた孔の表面は、粒子を吸着させる性質があるので、活性炭を通過する不純物などを取り除く事ができ、水の浄化装置や脱臭に多く使われています。

 

これにより、普通の炭よりも圧倒的な吸着性をもつ、活性炭が利用される理由となっています。

 

家庭の浄水器にも活性炭を使った製品がありますよね。
この活性炭の表面は、水よりも有機物を吸着する性質を利用しているのです。

 

その結果、不純物(有機物)が取り除かれた、きれいな水ができます。

 

足のにおいを活性炭が消す理由は?

 

足のにおい,活性炭

 

では、次に「脱臭」についてですが、これも原理は浄水と同じです。

 

においとは、ごく小さな臭い物質を鼻から吸い込み、においを感じます。
活性炭を通過する空気中のにおい成分を活性炭が吸着してくれることで、脱臭効果が生まれる仕組みです。

 

活性炭は完璧ではない!もろい欠点も

 

一見すると、活性炭はすごい能力と思えますよね。
1グラム当たりの表面積なんて驚きの数字で、吸着性能も加えて完璧に思えますが・・・

 

足のにおい,活性炭

 

さて、ここからが本題です。
活性炭を利用した浄水器で、「カードリッチの交換」という言葉に覚えがありませんか?

 

交換する理由は、効果が落ちてきた。または効果が無くなってくるから交換するのですよね。
そうでなければ、永遠に使えるハズ・・・

 

では、効果が落ちてくるとはどういうことなのか?

 

活性炭は表面に吸着性があると説明しました。でも、その表面が不純物などで覆われてしまうと効果を失ってしまいます。

 

足のにおい,活性炭

 

そうなる前にカードリッチを交換してくださいねってことです。

 

足のにおい対策で活性炭入りインソールの効果は?

 

これは、靴の中敷きに使われている活性炭でも同じです。
活性炭が臭いにおい成分を吸着できる容量には限界があります。

 

足のにおい,活性炭

 

自分の感覚でいくと、一週間もてば良い方じゃないかな?

 

それを超えると?効果は全くありません。
さらに限界突破したならば・・・・?足のにおいの素となる雑菌の温床になるだけ

 

一応、活性炭の性質として、加熱・煮沸をすると吸着していた不純物を離すようですが、どうでしょう?
あなたは靴の中敷きを、マメに外して天日で干しますか?

 

多分そんなマメな人は、足が臭くないハズ
そうでないから、靴のインソール売り場でどれを買うか悩み、活性炭に魅かれて買っているハズですよね。

 

活性炭を全否定するつもりはありませんが、効果に限りがあることを忘れず選んで下さいね。


関連ページ

足のにおいの消し方基礎知識 抗菌
抗菌とはどういう意味でしょう?何となく菌に抵抗力があるのかな?と思ってしまいますが、それは勘違いです。足のにおいの消し方で抗菌は大切なキーワードになります。知っておいて損はしませんよ!?